柱状節理の滝(2015-12-28)

以前、宮ヶ瀬湖に注ぐハタチガ沢の枝沢だと思うがオオユラナノ沢へ柱状節理を見に行ったことがあるが、そこにあった柱状節理がどんなものか記憶に無い。今回クライミングのゲレンデとして親しまれている幕岩がある湯河原幕山公園の先、土肥大杉跡への途中に柱状節理で出来ている滝を見に行かないかとの誘いがあり参加してきた。柱状節理云々はネット上に多数載っているので説明は割愛するが、日本各地にあるらしい。柱状節理を見た後、その沢を遡行しターンパイクに抜け白銀山へ行く予定であったが、沢の状況が芳しく無く中止し、幕山登山になった

画像土肥大杉跡へ通じる登山道の途中、ちょっと大きな沢を横切るが、この沢沿いを上り詰めて行くと現れる柱状節理の滝

画像幕山公園でタクシーを降り、大石ノ平を目指す。大石ノ平を過ぎ、突き当たる車止めゲート手前の右側に分岐がありここが土肥大杉跡への登山口。土肥大杉跡への道に入ると両側が笹ヤブの心地よい登山道となる

画像この明瞭な登山道を進むと椿ライン途中にある「ししどの窟」から箱根湯元を結ぶ白金林道に出る。白金林道を白金橋方向に少し進むと土肥大杉跡への標識がある

画像小さい沢を数カ所横切りながら行くと少し大きな沢に出合う。ここから沢沿いの道に入る

画像沢沿いの渡渉を交え、足を進めると滝が行く手を阻む。リーダーの説明によると柱状節理の滝はこの滝の左岸尾根を挟んだ方向にあると言う。確かに左岸尾根に向けてトラロープが見て取れる

トラロープを頼りに足を進め、尾根を回りこむと目の前に柱状節理の滝が飛び込んできた。どの程度の落差かは判らないが見応えのある滝である。初めの写真

画像右岸尾根を登り、滝の落口に降り、落口先端に足を運び六角柱状の形を見ようとしたが部分的に黒光りした岩は滑りそうで諦める

画像柱状節理の滝から引き返し大石ノ平から幕山への登山道へ向かう柱状節理の滝から引き返し大石ノ平から幕山への登山道へ向かう

画像幕山への道はハイキングコースとなっており歩き易い。山頂からは真鶴半島が一望出来る


画像幕山山頂は平坦で広く、その廻りを巡る周回コースが設定されている

画像今回の柱状節理の滝へのコース途中、リーダーから白金山への分岐と言う不明瞭な道跡を教えられ、確かに以前に白金山ヤブ山行でその不明瞭な道に突入した記録を見つけた(青のライン)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック