ミツバ岳~屏風岩山(2018-4-29)

会山行(道志歩道)下見の後半、屏風岩山~大滝橋BSの状況確認と併せて9年程前GPS装置購入以前でログデータが無かった滝壺橋~ミツバ岳~権現山のルートを組み込んで歩いてみた。29日は5月連休の前半の中日で晴天ということもあり、西丹沢自然教室行きのバス乗り場は長蛇の列、幸い臨時バスの増発があり座ることが出来た。浅瀬入口で下車し先週歩いた落合隧道を抜け滝壺橋に着いたのが8時35分と予定通り

画像権現山から二本杉峠への下りで見た上ノ原

画像滝壺橋を渡ったところにあるミツバ岳への登り口

画像滝壺橋からミツバ岳へは急斜面の急登、途中休む場所もままならずミツバ岳へ着いたときは汗びっしょりのふらふら状態。9年前の記憶は無いが同様であったろう

画像ミツバ岳から権現山までは小さなアップダウンが続く尾根筋で花の季節が終わったミツマタの木を見ながら行く。尾根筋の進行方向左側は杉や檜の針葉樹の植林地帯、右側は広葉樹の樹林帯と見事に分かれていた

画像枝尾根合流点を過ぎひと登りで権現山と二本杉峠との分岐点、ここには木製ベンチがあり大休止。以前、浅瀬入口からP661、P756を通り権現山から屏風岩山を目指したことがあったが、このベンチがあったかどうか記憶にない。樹木も少なく気分の良いところである

画像分岐点から大きく降って二本杉峠、先週は二本杉峠で簡易ハーネスの装着で大休止をしたが今回は立ち止まった程度で先を急ぐ

画像二本杉峠から一時道志歩道に入るが直ぐに鞍部に出る。ここから暫く急登が続き、その後なだらかな尾根歩きが続き、手製の「二本杉峠」道標が現れたところが毛出し峠で、左の枝尾根を降ると地蔵平へ出る。疲れた体にムチを打ちあえぎあえぎ登ると屏風岩山山頂

画像屏風岩山山頂でちょっと遅い昼食を取り後片付けをしていると畦が丸方面からの登山者が一人、「ここは屏風岩山ですか」と問う。山頂の手製の標識を見て「ここが屏風岩山か」と言いながら二本杉峠方面へ去って行った。本日初めて逢った登山者である

画像東側の尾根道に入り途中笹子沢への分岐を過ぎると車道出合までは下り一方の尾根道。
ルート以外の枝尾根に入り込まないように地形図とコンパスを頼りに車道が眼下に見える箇所に着くと、後は背の高い笹藪のトンネルを潜り抜けると西丹沢自然教室へのバス道路にひょっこり飛び出す。ここから車に注意しながら疲れた足を引きずって大滝橋BSへ

画像今回の目的は屏風岩山からの下山ルートの調査で、3ルートある中で最短距離にて車道へ出られるコース。それだけ傾斜もきつい箇所も多く見ておく必要があった。2年前にはなかった伐採跡の不明瞭な踏み跡があり、慎重に降ればコースを外す心配はないようだ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック