明神ヶ岳北尾根(2018-12-24)

箱根の金時山~明神ヶ岳に繋がる尾根筋は自宅より眺められ、特に木々が葉を落した冬場の夕暮れ時など派生している尾根筋がくっきりと現れて、しばし見入ってしまう。
 今までその尾根筋にたどり着くのに北東面側からは「奥の院コース」「道了尊コース」「二宮尊徳コース」「市境尾根(三竹)」「金時山からの縦走コース」を登ってきたが、今回北側に派生している前述5コースより長い尾根筋「明神ヶ岳北尾根コース」を歩いてみた


画像写真は稜線間近のザレ地から望んだ明神ヶ岳北尾根

画像新松田駅から大雄山線関本経由地蔵堂行きのバスは関本で満席、15分程で矢倉沢BSに着く。下車した登山者は皆急ぎ足で矢倉岳への登山口へ。明神ヶ岳北尾根へは左側奥深く流れる狩川を渡り茶畑に囲まれた林道がその登り初め

画像林道両側の茶畑が切れると道は急に細くなり、針葉樹林帯の間を縫うように付けられ高度を上げていく。暫くして舗装された道(林道)に飛び出した。今回は登りであるが北尾根を降ってきた場合、写真のように何の標識も無い処に茶畑への入口があり注意したい。漫然と足を進めると地形図から矢倉沢BSへは行き着かない

画像この林道を少し行くと標識は無いがカーブミラーの後ろに登山道入口が見える

画像引き続き樹林帯の急斜面を喘ぎあえぎ行くと、送電線の鉄塔が見えてくる。これ以降尾根はブロードになり、登山道と平行又は交差して獣道が頻繁に現れるようになる。登山道の状態を見ると、このコース最近ほとんど歩かれていないように見えた。獣道は耕されたように黒く細く一目で判る

画像地形図上のP566付近

画像針葉樹林帯の道にいい加減いやになった頃、急に前が開けすっかり葉を落した灌木の群生地に入った。一面落葉で敷き詰められた、だだっ広い野原の中を行くようで気分が良い

画像写真はP825に設置されている太陽光発電を備えた気象観測設備

画像P825を過ぎると葉を落した広葉樹林帯となり、道は背の低い笹ヤブの中に付けられていた。以降桧山林道へ出るまで笹ヤブをかき分けて進むことになる

画像初め背丈が低く歩きやすかった笹ヤブも背丈を超える高さの処もあり、かき分けて進むことが多くなったが、うるさいほど目印のテープが付けられていて道に迷うことは無い

画像P858手前の笹ヤブは幅広く刈込まれ歩きやすい

画像刈込まれた笹ヤブから小さなアップダウンを繰返し進むと、ぱっと前が開け桧山林道に飛び出した

画像飛び出した林道の反対側に登山道あり登ると道は左右二手に分かれている。左の道に引込まれそうになるが明神ヶ岳へは右に進む。暫くすると相当古い木製の階段が現れ、これを上り詰めると尾根筋に出る

画像この尾根筋は灌木が所々に生えているのみで右側がザレ場で深く落ち込んでいる。写真はザレ場から仰ぎ見た金時山

画像写真は尾根筋に生えていたきのこで、白い球状の処を押すと茶色い粉を吹き出した

画像このザレ場を過ぎると又笹ヤブとなり長く続く、いい加減厭になったころ、前方から人声が聞こえ、漸く一般登山道へ出合う。写真は出合の手前にあった錆び付いた草刈り機の回転刃。一般登山道からは北尾根への標識は無く、注意深く見ながら歩いても見落とすであろう

画像帰路は一般登山道を金時山方面へ少し降ったところにある作業道から宮城野へ。作業道を暫く下ると林道へ出る。林道を右手に20m程行くと、写真のように朽ちて倒れた宮城野への迂回路標識があり、ここから下ると宮城野の別荘街に出る。後は別荘街を抜けると宮城野BSに行き着くが途中、大きな堰堤が現れ道が消える。ここは堰堤の左岸に茂った草木を掻き分けて入るとしっかりとした道がある、決して右岸にはいらぬこと

画像天気予報では終日晴れの予報、しかし昼過ぎ一般登山道への合流手前、笹ヤブを掻き分けて進んでいる最中に、小さく白いもの(どうも霰のよう)が降ってきた。空を見上げると彼方は晴れているが付近一面暗い雲に覆われ急に寒さを感じるようになってきた。一般登山道に出たときには雨模様となり吹き曝しの中雨具を装着、明神ヶ岳山頂へは諦め、最短コースでの下山となった


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック