旧版地図(三保ダム)

三保ダムは水道用水供給、洪水調節、水力発電の目的で1974年(昭和49)に着工し1978年(昭和53)に完成している。ダムにより出来た貯水湖の名称を丹沢湖と称し親しまれている。三保ダムが出来る以前、工事中、完成後の旧版地形図を見て思いを馳せてみた

画像写真はダムサイトから見た丹沢湖で遠くに永歳橋が見える

画像三保ダム(丹沢湖)の湖底に沈む前の地形図(1955年 昭和30発行)で左から世附川、中央上から中川川、左から玄倉川が合流し、中央下部の河内川となっている。落合とある箇所に架かる橋は旧永歳橋で周辺の世附川沿いの世附、荒井沢、落合らの集落があったことが判る

上の地図は国土地理院発行2万5千分の1の地形図(山北)を使用している。


画像これは工事中の地形図で等高線から1969年(昭和44)改測し、1972年(昭和47)発行の地形図を元に作成されたものと推測している。黃色に塗った箇所は新たに作られた道路で1977年(昭和52)の地形図にある丹沢湖周辺の道路とほぼ一致している。
緑色に塗った箇所は1955年(昭和30)の地形図にある道路の一部で満水時は湖底に沈んでしまう。水色に塗った箇所は概略であるが3つの河川の流れを表していて、恐らくダム本体の脇に設けられた水路からダム完成時まで下流の河内川へ流れていたのであろう。赤色に塗った箇所はダム本体で下の方に放水路が見える

画像三保ダムが完成し丹沢湖が出来たのが1978年(昭和53)、この地形図は1996年(平成8)発行のもので、満水位標高322m以下に点在していた集落は湖底に沈み、地名すら無くなっている。神尾田の地名は神尾田隧道として、落合は落合隧道として、世附は世附大橋として、田ノ入は田ノ入発電所として残っている

上の地図は国土地理院発行2万5千分の1の地形図(山北)を使用している。

画像以前、地蔵平から大又沢林道を経由して丹沢湖バス停までテクテクと歩いたことがある。
この時、世附大橋の手前(丹沢湖が出来る前の世附集落付近)に湖に向かって「望郷の碑」が建っていた。玄倉集落を除きほとんどの集落が湖底に沈んだと云われている。ダムサイトに立っている三保ダムの説明書きから水没移転世帯は223世帯とあった







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック