森林軌道その後

旧版地図(森林軌道)で丹沢にも森林軌道が走っていたことを書いたが、その中で昭和41年(1966年)に廃止され現在は林道に置き換わっていることも述べた。廃止されて50年以上経っており、その間に洪水等の自然災害の修復、新たな林道の建設などで恐らく昔の面影は全く無くなっていると思っている。今まで森林軌道が通っていたことも知らずに歩いてきた林道(今回水ノ木幹線林道)を森林軌道の痕跡を意識して歩いてみた

画像水ノ木幹線林道には多くの橋が架かっており、森林軌道も現在の橋の代わりに鉄橋が架かっていたはずで林道に架かる橋を中心に痕跡を探ってみた。
上流の水ノ木沢から下流で世附川と名を変えて丹沢湖に至るまでに判っているだけで
・川(沢)を渡る橋:浅瀬橋、芦沢橋、山百合橋、水ノ木橋、こもつり橋、大洞橋
・枝沢に架かる橋:湯ノ沢橋、廣河原橋、金山沢橋、夕霧橋、橋名不明の橋(1)、(2)
の橋が架かっている

この地図は国土地理院の電子国土地図の一部を使用している


画像廣河原橋を渡り、林道が緩やかに枝尾根に沿って曲がる谷側に生えた太い樹木の根元に錆び付いているが一目で森林軌道のレールと判るものが転がっていた。廃止から50年以上レールが残っていたのは奇跡

画像廣河原橋に戻り周辺を良く見ると、現在の橋より大きく外れた処に周囲の樹木の陰になって見定め難いが、苔蒸した石を積み上げた橋脚らしき構造物があるのが確認された。
尚、橋脚は現在の林道よりだいぶ低い位置になっていた

画像昭和31年発行の国土地理院地図(駿河小山)を入手し、廣河原橋付近を見て驚いた。
写真の黃色で塗った箇所が廣河原橋付近で森林軌道がこの箇所だけスイッチバックしているように見える。先に廣河原橋には離れた処に橋脚の痕跡らしきものがあったことから、他にもう一カ所橋脚の痕跡があれば、スイッチバックは本当かもしれない

この地図は国土地理院発行2万5千分の1の地形図(駿河小山)を使用している

画像水ノ木橋を渡り右の水ノ木林道に入ると直ぐに、その昔林道の行く手を塞ぐゲートが有ったようで、その名残の門柱が建っていた。写真はその門柱を真上から撮ったもので、正しくレールである

画像旧版地図(森林軌道)を見ると水ノ木付近の軌道は水ノ木沢を左岸から右岸、右岸から左岸、更に左岸から右岸と3度渡っているのが判る。そして最終的に現在のこもつり橋を渡り、その先で終点となっている。今回3度目の橋の痕跡が確認出来た。写真はこもつり橋から林道を水ノ木橋に向かって歩いている時に見た、水ノ木沢左岸奥に落葉に埋もれた。軌道跡と、その先に苔蒸した石積みの橋脚である(地形図には幻の橋と記してある)。
現在水ノ木には水ノ木橋を渡って沢沿いに行くと左手に廃屋(?)があるが、旧版地図からはその建物の前後に軌道用の橋が架かっていたことが判る。ただ今回はその形跡は確認出来なかった

画像森林軌道の終点は現在の大洞橋付近出合ったようだ。途中写真のように苔蒸した巨石の上に建つ馬頭観音碑があった





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック