水ノ木林道(2020-6-21)

令和元年10月、台風19号は関東、東北に甚大な被害を与えた。
過去、平成22年(2010)秋、西丹沢は記録的な豪雨に遭い、世附川に沿って付けられている水の木幹線林道はいたる所で土砂災害や濁流による護岸崩落災害が発生し、長期間林道の不通状態が続いたが、平成29年(2017)春までには解消した。
この台風19号は伊豆半島に上陸し関東、東北と北上、三陸沿岸から太平洋に抜けたが上陸する相当前から豪雨が続き、各地で降水量の記録を塗り替えた。西丹沢に隣接する箱根町では48時間で1000mmを超す降雨量と100年に一度の雨量となった。また、上陸直後から強風が吹き荒れ、報道では最大45m/秒が吹き荒れた地域もあった。
平成29年(2017)以降、水の木幹線林道の調査は実施していなかったが、2019年晩秋実施で計画した会山行(西丹沢峠巡り)の帰路、水ノ木幹線林道を使用するに当たり、台風による不通箇所等がないか現地調査した結果、浅瀬~芦沢橋(芦沢橋含む)は問題なかったが芦沢橋を渡り、切通箇所を抜けて直ぐ目に飛び込んできたのは、大掛かりな土木工事で直した平成22年の法面土砂崩れ箇所の先で新たな土砂崩れが発生、林道を完全に塞いでいた。実はこの先の三保山荘(廃屋)と林道を繋ぐ一部破損している吊り橋が台風の強風で全損して通行不能になっていないかどうかが調査の主目的であったが、この土砂崩れで先に進めず吊り橋の確認をすること無く引き返すはめとなった。
 その土砂崩れから約8ヵ月経た今回、土砂崩れの復旧状況調査を兼ねて水ノ木幹線林道を浅瀬から水ノ木橋まで歩いてみた

水ノ木幹線林道で名の知られた滝は「夕滝」と「大棚の滝」位で写真は夕滝
夕滝.jpg


芦沢橋への林道は大きな落石や倒木が散乱していて作業車等が通った様子がない
落石箇所.jpg


作業車等が通った様子がないことから復旧状況を危惧をしながら足を進めたが、予想通り土砂崩れはそのままであった
土砂崩れ箇所.jpg


土砂崩れ箇所は注意すれば通過出来る道らしきのもが付けられていた
土砂崩れの道.jpg


三保山荘(廃屋)へ架かる吊り橋は見た目には前と変わりなし
吊り橋.jpg


山百合橋は橋の通過には支障はないが手前の橋げた付近が大きくえぐられていた
山百合橋.jpg


水ノ木幹線林道は全体を通して緩やかな勾配で歩きやすいが雷沢排砂口入口付近から廣河原橋付近に限って勾配が急である。その昔世附川に沿って走っていた森林軌道が旧地形図上でスイッチバックの記載があるのもこの付近であり、辻褄があう

写真は世附川取水口入口の標識で、以前取水口がどこにあるのか下って行くと世附川を渡る吊橋、道は土沢左岸沿いに続き更に土沢に架かる吊橋と進み土沢右岸沿いに伸びていたが、その右岸沿いの道は大きく崩落して進めず、取水口がどこかは確認出来ずしましであった
世附川取水口入口.jpg


林道脇にショベルカー、この先水ノ木橋から大棚の滝へ向かう林道はキャタピラー跡が続いていた。恐らく明神峠から入って来たのであろう、所々崩れた法面の補修や落石の撤去の跡があった
ショベルカー.jpg


林道を進むと高尾沢排砂口入口の標識、金山橋を渡った先で世附川サイフォン入口の標識、この標識に従って世附川に降りて行くと写真のようにサイフォンがあった。次の写真はこのサイフォン設備から対岸に伸びる橋(吊り橋?) 先に述べた土沢にある世附川取水口から取水された水は土沢左岸から地中に設けられた水路で世附川サイフォン地点に出、
サイフォンで世附川の下を横断し、水ノ木沢取水口から取水された水と合わさって山神悪沢取水口に向かっていると推測している
世附川サイフォン.jpg

サイフォン吊り橋.jpg


更に進むと水ノ木沢取水口入口の標識、これは以前取水口を確認している
水ノ木沢取水口入口.jpg


林道が180度近く大きくターンしたところが山神峠入口
山神峠入口.jpg


今回の目的地水ノ木橋、浅瀬から約2時間の行程であった。水ノ木幹線林道は橋の先のT字路を左へ、途中大棚橋を渡り明神峠まで続く。水ノ木橋を右に進むと水ノ木林道と名を変え、途中菰釣林道、樅ノ来林道と枝別れして伸びて行くが何れも途中で林道は無くなり、歩道として稜線へ通じている。尚、前述の大棚橋を渡らず進むと大棚沢林道と名を変えて切通峠手前まで通じており、一般的に東海自然歩道と云われている
水ノ木橋.jpg


ここまで来たら大棚の滝を訪ねずには帰れない。大棚の滝は30mの落差を持った2条の滝で水量が多く、滝壺からの腹に響く轟音ともうもうと舞い上がる飛沫は見事。ここを独り占め、いいね
大棚の滝.jpg


復路、今まで幾度となく水ノ木幹線林道を歩いてきたが、芦沢橋を過ぎて対岸を見ると表層が剥がれて現われた岩場に人工物と思われる洞穴らしきものがあるのを初めて見た
洞窟.jpg


GPSトレイルログデーター 水ノ木林道の調査は過去に2011年2012年2015年2016年/2018年、2019年と今回2020年と実施してきた。災害と復旧のイタチごっこを見てきたが、県立丹沢大山自然公園でもありこれからも続くのであろう
2020年水ノ木幹線林道.jpg



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント