テーマ:山歩き

切通峠~大棚橋(2018-08-18)

西丹沢の奥、甲相県境周辺は中々行けなかったが、今回初めて歩いてみた。行けなかった理由の一つに公共交通の便が悪い事がある。今回は三国峠にある駐車場(5~6台駐車可)に駐車し、往路は今まで行けなかった切通峠、そこから下って大棚沢林道、水の木幹線林道との出合である大棚橋まで、復路は往路の切通峠まで戻り、三国林道へ降りて三国林道経由で戻ってきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水の木基幹林道の状況(2018-05-19)

2010年秋の集中豪雨で丹沢湖へ注ぐ河川、世附川に沿って付けられた水ノ木幹線林道は甚大な被害を受け、1回目―2010年秋、2回目―2011年冬、3回目―2012年秋、4回目―2015年春、5回目―2016年冬(水の木沢取水口調査を兼ねて)、6回目―2017年春(クマ沢と山神沢出合の調査を兼ねて)林道の状況を調査してきたが、今回、7回目―…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユーシンロッジ(2016-2-24)

* 先日地元のタウンニュースにユーシン渓谷関連の記事が載っていたので紹介する。 タウンニュースの見出しに「ユーシンをブランドに」とあり、何だろうと読んでゆくと山北町玄倉ユーシンロッジの再開へ向け建物を無償で譲渡し土地は10年間、無償貸与する方針で地域振興につながる事業提案を公募していた県は西丹沢安全協力会を事業候補者に選んだとあった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明神ヶ岳(2016-01-22)

記録では5年前の1月、明神ヶ岳へ最乗寺奥の院から登っている。その後、明神ヶ岳へは登っていない。ここ神奈川県西部に居を構えて30年近くになるが、当初は近いせいも有り頻繁に登っていた。そのルートは一般的な最乗寺から見晴台、神名水(水飲み場)を経由するものであった。今回その一般的なルートを歩いてみたが、週の初めに降った雪がその後の冷え込みで溶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 上大井駅~曽我丘陵~国府津駅(2016-1-13)

東海道線の国府津駅より御殿場線に乗車し、車窓右側を見ていると低い山並みが松田まで続いている。この山並みが曽我丘陵で尾根筋には農道が通り、南西斜面はみかん畑が続いている。国府津から二つ目の上大井駅から富士見塚ハイキングコースに沿って「いこいの村」へ出て、ここから尾根筋の農道に入り国府津駅まで歩いてみた。この農道もハイキングコースになってお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水ノ木基幹林道の状況(2015-5-20)

暫く山行から遠ざかっている。遠ざかっていると行きたいという気持ちと、なんとなくおっくう感が相混じり、ちょっとした用事にかこつけてやめてしまう。今回は林道歩きと敷居を低くしたことがおっくう感に打ち勝った。 2010年秋の集中豪雨で丹沢湖へ注ぐ河川、世附川に沿って付けられた水ノ木幹線林道は甚大な被害を受け、2012年秋に状況を調査したこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はなじょろ道(2015-2-10)

昨年もこの時期、ビリ堂経由で高松山に登り、ぐるっと尾根筋を巡りシダンゴ山を最後に寄に降りたが今年はまだ経験のない第六天経由で田代向へ降りる計画。 珍しく国府津駅で東海道線の待合せとかで御殿場線の発車が遅れ、新松田駅のバス停へ着いた時にはバスは出た後。次のバスまで1時間近くあり、困ったが幸い田代向行きのバスが直ぐ出ることが判り、急遽当初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GPS(その3)

GPS(eTrex HCx)では煩わしいので単にGPSと呼ぶ。 GPSで採ったトラックログとデジカメで撮った写真をカシミールで表示した地形図上で合体(実際にはパソコン上の写真をカシミール地形図上にドラックする)させることで撮影位置が簡単に判る、便利な機能を利用していた。便利と云っても両方のデーターをパソコンに落とす必要があり、それなり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GPS(その2)

「地図ロイド」へ地形図データーを取込む方法としてカシミール使用していると云ったがこれには理由がある。GPS(eTrex HCx)へ山行ルートをアップロードする際、カシミールでルートデーターを作成している。このルートデーターはカシミール地形図に表されるので、これを含めて「地図ロイド」への地形図データーとするために使い慣れたカシミールを使用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GPS(その1)

GARMIN製GPS(eTrex HCx)を使い始めて4年半、地形図の見やすさは当初からこんなものかと思っていたが、年とともに見づらくなって来ている。見づらい要因の一つは画面が2.1インチと小さく、ズームで拡大すると現在地を示すアイコンを探すのに一苦労する。 地形図もマイクロSDに入ったもので国土地理院のものと比較して大きく見劣りして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沼津アルプス(2014-1-31)

沼津アルプスの山行に参加してきた。昨年も計画されていたので申し込だが雨天中止で 今回が初めて。沼津アルプスを調べてみると連なる山々は標高こそ低いがアップダウンが激しく、侮ってはならないとある。今回の計画は「北行」だそうで大平山から香貫山へ向かうコースでピークも多いがその間に峠も多い。沼津駅からバスに乗り途中、鷲頭山クライミングで下車する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高松山~シダンゴ山(2014-1-25)

近くに居ながら一度も訪れたことのない高松山へ行ってきた。少し脚を伸ばしシダンゴ山を回ってロウバイ見物客で賑わう寄に降り立った。新松田駅から山北又は西丹沢自然教室行きのバスに乗り、約10分で高松山登山入口バス停に着く。標識に沿って進むと東名高速を潜り、渡った橋を右に進むとビリ堂への登山口が見えて来る。ここからは登山道(標識も)も良く整備さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨山峠~林道秦野峠(2013-11-14)

9月初めの檜洞沢遡行を終えテシロ沢の下りでスリップ、以前痛めた右膝を又痛めてしまった。痛めた右膝の回復程度を確認と最近携帯からスマホに切り替え、搭載されているGPS機能の確認、そして西丹沢の紅葉を楽しむ盛り沢山な計画を持って、会の山行に参加した。今回の寄大橋を起点とした雨山峠~檜岳~林道秦野峠は以前、単独で歩いたことがあるが、雨山峠まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尾白川渓谷探勝(2013-7-11)

乾徳山の旗立岩クライミングが同じ山梨県にある尾白川渓谷探勝に変更になったのには最近の猛烈な酷暑がある。早朝6時に橋本駅駐車場で待合せ、さあ~乾徳山に出かけるぞと意気込んだ出鼻を挫くように今回の企画者であるSさんから、この猛暑の中でのクライミングはとても無理との意見。今回の旗立岩は一度乾徳山山頂に登り、そこから旗立岩の取り付き点まで懸垂(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水ノ木基幹林道の状況(2012-11-17)

昨年暮れ、その前年の台風により多大な被害を受けた水ノ木幹線林道(林班図では水ノ木林道は水ノ木橋から分岐した先の林道を指す)がどうなっているのか、歩いた時(←ここをクリック)には三保山荘への吊り橋手前の林道崩落で引き返すはめになったがそれから約1年、三保山荘はもちろん水ノ木橋を渡り、そこから本来の水ノ木林道に入り、水ノ木集落廃屋隣の広場(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二子山(2012-4-18)

二子山岩稜歩きの下見山行に誘われ参加した。自宅のある神奈川県から二子山がある埼玉県小鹿野町までは3時間程かかり、岩稜を歩いていた時間より往復車を運転していた時間の方が長いという登山で、日帰りではもったいないと感じた。ただ今度二子山西岳中央稜のクライミングが予定されていて、遠くからでも登攀箇所が見られればとの期待もあった。 二子山登山口…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水ノ木林道&大又沢林道(2011-12-13)

水ノ木林道が走る世附川は昨年秋、台風時の集中豪雨で壊滅的な被害を被っており、更にその後発生した東日本大震災の影響も無視出来ない状況である。今回、水ノ木林道は廃屋の三保山荘まで、大又沢林道も地蔵平まで歩いて林道の復旧状況を見て回ることにした 芦沢橋と三保山荘廃屋間の大きな土砂崩れ 浅瀬駐車場に車を止め、舗装された道を進むと立派なゲート…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

玄倉林道(2011-11-17)

「玄倉林道が通れるようになった」との情報を得、快晴の秋空の中、立間大橋付近に車を止めユーシンロッジまで往復してみた。通れるようになったと言っても、林道のそこここで法面の補修工事や枝沢から押し出された土砂の撤去が進められていたが、歩く分には支障は特になかった。青崩隧道(2号隧道)が新青崩隧道として新たに掘られていて、旧隧道は廃道になってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

屏風岩山の三椏(2011-4-3)

この季節西丹沢、ミツバ岳から屏風岩山の尾根筋に三椏を見に来る登山者が多いが、今年は東日本大震災の影響もあり少なく感ぜられた。今回は中川川に注ぐ笹子沢を遡り左岸のピーク699を通り、屏風岩山へ向う登山道を進むコースを取った。ピーク699を越すあたりから三椏が現れ、咲き誇る三椏トンネルの中を行くところもあり、三椏の良い香りにつつまれての山行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蛭ヶ岳南尾根(2011-3-10)

日帰りにしては長いコースだなと思いながらも「寄大橋―熊木沢出合―蛭ヶ岳南尾根―臼ヶ岳―朝日向尾根―寄大橋」の山行に参加した。雨山峠を越え、熊木沢を遡り急峻でしかも雪の蛭ヶ岳南尾根を怖い思いをしながら何とか登りきり蛭ヶ岳山頂に着いたのが14時ちょっと前、稜線上にはトレースが無く膝上までの積雪に予定を変更し、ヘッデン頼りで一般登山道を大倉に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

煤ヶ谷~大山三峰~不動尻~広沢寺温泉(2011-2-16)

東丹沢の尾根筋は今まであまり歩いたことがなく、私にとっては未知の領域となっている。 今回、煤ヶ谷から一般登山道を登り大山三峰に至り、下りは不動尻に降り、林道を延々と歩いて広沢寺温泉へのコースに誘われ最近の天候から積雪も期待し参加した 大山三峰から丹沢三峰方面 大山三峰への尾根筋と合流した頃から積雪が増し、又トレースも無くラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛鷹山登山口~割石峠~越前岳~十里木(2011-1-26)

以前、十里木から往復したことがあるが、今回愛鷹山登山口から涸れ沢を詰めて愛鷹山縦走路に出、越前岳から十里木に至るコースに参加した。駿河湾や富士山を一望出来る尾根歩きに期待して 越前岳より駿河湾 御殿場ICで降り、国道246を川島田で国道469に入り裾野市に向かう。十里木の手前にある愛鷹山登山口バス停から続く林道の終点及び十里…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネクタイ尾根~梅ノ木尾根(2010-4-3)

秦野駅バス停は徐々にヤビツ峠へ行く人が集まり長蛇の列、残念ながら座れず。車中から眺めていたがまだ若葉の季節には早いようだ。 ヤビツ峠から諸戸までは車道を歩くのかと思っていたが、トイレ裏から沢沿いの道に入り青戸荘まで沢を下り、ここから車道に出て登山口である諸戸の常世橋まで更に一歩き。 途中満開の三椏をあちこちに見る。 春ですね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more