権現山北尾根(2018-5-20)

全く山行経験の無い中央線沿線の山行を経験してきた。山名は「権現山」で一般ルートではなく山頂へ続く北尾根を登るのがこの山行のメインテーマ。権現山と名のつく山は日本各地にあるが、ここもその内の一つ。場所は東京都と山梨県との県境にある三頭山の南側に位置し、最寄りのJR駅は上野原

画像左の写真は権現山山頂から見た富士山
山行案内では上野原駅8時集合となっていたが、乗り継ぎの関係で30分も早く7時半頃上野原に着いたがこれが正解、BTにはその後同じ方面へ向かう登山者が続々と列をなし、もし8時に着いていたら長く伸びた列の最後尾付近で座席に座れるかどうか不安な気持ちで待つことになっていただろう。
バスに乗ること約40分、初戸(ハド)BSで下車。バス路線を外れ鶴川沿いの林道腰掛線を歩くこと30分で今回の登山口となる腰掛集落に着く。デマンドタクシー乗り場№17の標識が立つところの路地に入り、ちょっとした空き地で準備体操

鶴川に架かる白いパイプの橋を渡り尾名手川に架かる赤い橋を跨ぎ、段差のある階段を上がりやっと登山道らしき道の急登が暫く続く。道はトレイルログから600m付近から左へ捲くようになり、少しずつ高度を上げながら続いている。私の後ろを歩いていたSLから「尾根筋への取り付きを過ぎているようだ」との声。バックして取り付き点を示す、色あせた赤いテープ巻かれた立木が尾根筋への目印

画像ここから高度差150m程が手足を使わなければ登れないほど大きな浮き石を交えた痩せ尾根の急登

画像P1084を過ぎるとなだらかな山容となり、新緑が眩しい落葉広葉樹に囲まれた尾根筋歩きとなる

画像権現山への最後の急登に喘いでいると両側に山ツツジが見えてきたと思ったら、ひよっこり山頂に出た。山頂は広くはないが平坦で生い茂った樹木越しに富士山やその反対側に関東平野の広がりが眺望できる。皆さんスカイツリーが確認出来ると言っていたが私には出来なかった

画像写真は山頂付近に咲き乱れるヤマツツジ


今回の権現山北尾根からの登頂は一般ルートではなく、いわゆるバリエーションルートであり、一般ルートとしては今回の飯尾行きのバス路線では「用竹からのコース」「初戸からのコース」が知られているようだ

画像権現山からは一般道を雨降山、寺ノ入山、ニツクラ山、二本杉を経て用竹へ降るコース。
はじめ少し急な下りがあり、緩斜面に入る手前で避難小屋らしき小屋の赤い屋根が目に入る。後でこの小屋は和見王勢籠神社(わみおおむれじんじゃ)と判ったが、立ち止まって社の中を見てはいない


画像写真は二本杉 手入れされた針葉樹林に囲まれたところでこの先に十文字峠を経由して要害山への分岐点ある。分岐点を右に見て更に足を進めること1時間弱で用竹のバス停へ

画像この山行後、死蔵していたバリエーションハイキング(松浦隆康 著)を引っ張りだし、権現山関係が載っていないか調べると付近の山々を含め多くの山行案内が見られた。その中で前述の鶴川支流である尾名手川に関するバリ山行案内が載っていた。尾名手川に沿って付けられた尾名手峠道とあり、国土地理院の地形図には尾名手川の左岸に峠までは至らず、途中までしか書かれていないが破線の道がある。案内書では昔の生活歩道のようで興味をそそるコースである




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック